1:1.618034

 

現律の黄金

Hi-performance

計算されたハイパフォーマンスと

beyond yourself

理論を超えた芸術の先で

 

Express your world

​表現したい世界を

1:1.41

現律

自然界に存在する、黄金比。

言葉も文化も違うのに、美しさはグローバル共通。
人が直感で美しいと感じるものの裏側に潜んでいる比率です。

古来、ギリシャ建築、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画、

様々なデザインや表現に活用されてきたと言われています。

それが表現世界にもあるとしたら。

身体・映像表現の世界も同じです。

誰もが賞賛の拍手を送る、人が魅了されてしまう表現の世界には、

表現の黄金比「表現律」がありました。

有名なスケーター、ダンサー、マジシャン、演劇、コメディ、

ミュージカルが、最初の1分で人の心を掴み、フィナーレで完全に心を

奪ってしまうのは、偶然ではなく必然なのです。

これまで、トップパフォーマーたちが直感で演技へ組み込んでいたものを

FUTUR STUDIO では明確に理論化し「表現律」として提供します。

futur studio 演技分析 パフォーマンストレーナー 表現律 表現者専門

y

x

​1 : 1.618 ​ = φ

 

表現律に基づいたパフォーマンス分析

スクリーンショット 2018-08-05 0.58.09.png

表現律に基づき全ての動作をデータ化し、構成や振り付け、ポージングなどの

パフォーマンス効果度を分析します。

 

データ化される動作は速度、大きさから、アイコンタクトのタイミング、

まばたきの速度、顎の角度、目線のつなぎ方、重心位置、骨盤の向きなど、

身体表現に関するもの全てになります。

そのデータの効果度をもとに、

演じ手が理想としているパフォーマンスと、

実際にオーディエンスが受ける印象

ギャップを割り出し、その差を埋めていきます。

元となる演技をもとに、

表現律に基づき構成比を整え、アンカーポイントを加えることによって(*1)

理想通りかそれ以上の、パフォーマンスを行えるようになります。

*1)アンカーポイント

区切りとなる動作や、アクションをいれるポイントです。

動作スピードを変えたり、アングルを変える、

大きな動作であったり、アイコンタクトのような小さな動作だったり

必要な動作は演目ごとによって違います。

(演じ手やその演目のストーリー・キャラクターの個性を活かしたものが加わります)

スクリーンショット 2018-08-05 1.39.07.png
スクリーンショット 2018-08-05 1.41.01.png

表現律の

表現律は、構成比や、演技の緩急、ポージング、効果的な動作などに見られ、

人の心を惹きつけます。

たとえば、フィギュアスケート羽生結弦選手のショートプログラム。

曲が始まってから最初の15秒間は下を見たまま沈黙しています。

15秒たってから滑り始め、その後24秒してから最初のジャンプをしています。

​これを構成比で見ると、

沈黙

​- 15秒 -

​滑り出し

​- 24秒 -

最初のジャンプ

1

1.6

美しい比率です。

この隠された黄金の表現律によって、

観客は1回目のジャンプが成功した時点で、既に心引き込まれているのです。

なお美しい表現律とは、1:1.6などの構成比に限りません。

​様々な比率や、表現したいものに合わせて、構成比やタイミングを計算していきます

他にも、

ダンス、ミュージカル、ショーなど、ステージ表現を越えて、CM、映画などの映像表現、モデルのポージング、スティーブジョブズ氏のプレゼンテーション、落語など、​様々な分野で、形を変えて垣間見られます。

futur studio 演技分析 パフォーマンストレーナー 表現律 表現者専門
futur studio 演技分析 パフォーマンストレーナー 表現律 表現者専門